呉羽梨ドットコム(幸水・豊水・新高)・梨園・梨農家からの甘くて新鮮な梨、笑顔の食卓にお届けしています♪

前に一度買われたお客様に「また買いに来た」と好評を頂いています^^地元呉羽の梨づくりと変わらない味を追求しながら、対面販売・産地直送をしています。 ※「梨食べたい」の時期的な購入(販売)だけじゃなくって、生産・お手入れ過程も見守って頂けたら嬉しいです(^^♪

呉羽梨【梨園】の生産販売-富山市の渡辺果樹園【http://www.facebook.com/kurehanashi】も宜しくお願いします!(いいね押してくれると嬉しいです(^^♪)

9月13日の豊水の様子。
幸水に比べると樹の数はかなり少なくなっています。
(豊水の樹が集まっている箇所で撮影しているので多く見えるかも・・・(^^♪)
01_豊水の収穫20140913_01 01_豊水の収穫20140913_02
コレが豊水。
「幸水とドコが違うん?」と聞かれると・・・「皮・肌触りが違う」って答えます・・・あいまい(・・?
今の時期の幸水と比べると・・・幸水はツルツル、豊水はザラザラです。食べてみれば・・・一目瞭然ではなくって、何て言うのでしょうか・・・百聞は一見にしかず?一味にしかず?(造語(・・?)
01_豊水の収穫20140913_03 01_豊水の収穫20140913_04
幸水に比べると、整然とキレイに並べられている豊水たち。
豊水をコンテナの中に並べるときの注意事項があります。豊水は幸水に比べると実が柔らかめなので、3段積み(幸水は4段とかてんこ盛りとか・・・(^^ゞ)となっています。それ以上に積むと下にある実が潰れてしまいます。
01_豊水の収穫20140913_05 01_豊水の収穫20140913_06
豊水は幸水に比べると・・・と言う具合に、味の基準が幸水となっています。
梨が好きなお客様からの感想では・・・「豊水は少し酸味があるからイヤ、柔らかいからイヤ」等々があります。少し酸味がある分、甘みが強く感じます。出荷用ではなく、食べ頃の豊水を食べてみると印象が少し変わるかもしれません。
スーパーに陳列されている梨(ブランド梨を除く)は色んな梨園の豊水が混ざっていることもあるので、色んな直売所(売り場)の豊水を食べてみても良いかも・・・(^o^)丿

9月13日の幸水の様子。
最近の気候は例年のような残暑が続く・・・と言うよりも穏やかで涼しく過ごしやすくなっている感じです。そのせいか、幸水の実の状態はまだまだ硬く良い感じになっています。(^^♪
この時期になると、幸水の軸(木の部分)の一部は枯れてきており、ちょっと触っただけでもストンと地面に落ちてしまいます・・・(^_^;)
なので、幸水をちぎる時は慎重にシッカリ掴んでいます。
(軸が黒っぽくなって枯れている状態が分かりますか?(・・?)
01_幸水の収穫20140913_01 01_幸水の収穫20140913_02
今回の収穫で梨園にある幸水の約9割をちぎり終えました。
01_幸水の収穫20140913_03 01_幸水の収穫20140913_04
梨園の中で座って・しゃがみ込んで・・・ふと頭上を見ると・・・
少し前までは「幸水だらけ」だったのが、今はスカスカです。ちょっと前の約2~3週間の忙しさを振り返ると何だか不思議な感じになります。
01_幸水の収穫20140913_05 01_幸水の収穫20140913_06
ウチの梨園は樹齢が40年以上が大半。歴史がある分、梨の栽培にも「若返り(^o^)丿」という少し工夫が必要となっています。老木が多く、大きな玉が熟する速さが遅い(甘さは良い)ので超大玉の注文があると収穫・発送が遅くなっちゃうので良し悪しがあります。

この幸水は結構大きいです。ガッチリ普通の握力で握ってもこの通り実がビクともしなくてカンカン!(^^)!
熟すると柔らかくなるのが一般的。こうやって硬さが維持できていると言うのはやっぱり気候・環境にもよると思われます。
01_幸水の収穫20140913_07 01_幸水の収穫20140913_08
梨は熟してくると更に甘くなってくるのですが、皮に老化現象?が現れてきます。これは表面(皮)が黒っぽくなりやすくなる現象です。
コンテナに入ったままや梨の選別機でコロコロと転がっていると少しずつ傷がついています。若いうち(もしくは新鮮なうち)は目立たないのですが、日を経るごとに少しずつスリ傷が目立ってきます。人間で言うと・・・古傷(・・?肌年齢(・・?
店舗に陳列されている梨を見ると分かりやすいかもしれません。同じ位置にずっと陳列されている(売れていない?)かどうかは不明ですが、よーく観察していると日を追うごとに皮が黒くなってきているのが分かります(゜o゜)

呉羽梨の代表格の幸水。最盛期が8月下旬から始まり、9月に入って2週間が経過。幸水の時期は2週間と言いながらも3週間の間、幸水と向き合っています。幸水が終わると・・・豊水に切り替わります(^^♪

↑このページのトップヘ